HOME

こんな夢を見た


 なんとなく小腹がすいたので携帯を囓ってみたら、固めのビスケットのようでなかなか美味しい。
 ぼりぼりと半分くらい食べたところで、これから仕事に行くのに携帯がないと困るということに気付き、せめてSIMを取っておけば前の機種に挿して使えたのに、とか、そもそもバッテリーを食べたのは身体に悪いに違いない、などと狼狽して目が覚めてしまった。

 そのあと二度寝したら酷い夢を見た。

 靴ひもを結んでいるうちに終電が行ってしまったらしく、自動改札がみんな止まっている。諦めてタクシーで帰ろうとすると、線路の方から「助けてー、助けてー」と大声が聞こえてきた。
 見ると、側線に停めてあった電気機関車の台車に潜り込んで寝ていたらしい男が、動き出した機関車の車輪に身体を挟まれて助けを求めている。
 思わず眼を背けた瞬間、湿った破壊音がして男の悲鳴が途絶えた。
 気付いた機関士があわてて後退させると、血まみれの肉塊が線路上にばらばらと転げ落ちた。



こんな夢を見た

 風邪薬を飲んで寝ていると奇妙な夢を見る。

 学生時代に下宿していた祖父母の家を久しぶりに訪ねると、当時使っていた部屋が散らかり放題のままになっていて、ガラクタの中から見つけた財布には4万円ほど入っている。
 嬉しくなって、つい、これは祖父母に礼金を払わなくては、などと冗談を言ってしまい、周囲の空気が冷たくなる。

 祖父母にはもはや夢の中でしか会えないが、ふたり揃って出てくるのは珍しい。

こんな夢を見た

本数の少ないローカル線の発車時刻が迫っているのに駅が見つからない。苛立ちながら人気のない商店街を彷徨ううち、雑居ビルの階段に「駅への近道」と手書きの張り紙を見つけて駆け上がるが、そこは三面の壁に革張りのソファが並んだ行き止まりの部屋だ。
 見回すとソファの背後の窓の向こうが廊下になっている。ソファを乗り越え、アルミサッシの敷居をまたいでリノリウムの床の廊下に出る。どこからか、発車が近いことを告げるアナウンスが聞こえてくるが、遠くて方角も定かではない。焦って無人の廊下を右往左往していると、同じように迷っているらしい制服の女子高生が走ってきた。
 廊下の角を曲がるとそこは玄関のような場所で、外は小学校の校庭ほどもある広場になっている。その彼方に朱色のディーゼルカーが停まっているが、脇に立った車掌は時計をにらみ、いまにもドアを閉めようとしている。無言のまま女子高生と並んで全力で走る。走っても走ってもコンクリートブロックの敷き詰められた広場は続き、列車は遠い。
 息を切らせてたどり着くが車内は黒い制服がぎっしりと詰まっている。構わず押しのけて乗り込んだ途端に背中でドアが閉まり、夢から引き剥がされて朝のベッドに転げ落ちる刹那、八分音符で連打されるバスドラムになった自分の心臓を聴いた。

こんな夢を見た

 
 終点のひとつ前の駅を発車すると突然視界が開け、電車は海上に架かる橋の上に飛び出した。
 穏やかな明るい色の水面を見おろすカーブした線路を意外なスピードで走るのでちょっと恐怖を感じたが、あっという間に終着駅が見えてきた。
 ホームの端で線路は唐突に途切れ、その先には丸い水平線が見えている。オーバーランしたらそのまま海に転落だから、車止めなど意味がないのだろう。
 電車とホームの間は広く隙間があいていて、遥か下に青い水面がゆらめいている。足を踏み外さないよう慎重に電車から降りる。
 改札口を出ると、駅の外の坂道には真昼の日差しの下に賑やかな屋台が並んでいて、そこはもう猫の島だ。

こんな夢を見た


 離陸して水平飛行に入った機窓からふと外を眺めると、向こうの方を巡航ミサイルが並んで飛んでいる。ここはまだ日本の領空だから米軍が演習しているのだろうかと見ているうち次第に接近して来て、回避しないと危ないぞと思った瞬間、鈍い音を立ててこちらの横腹に接触した。
 弾き飛ばされたミサイルは制御を失い、コマのように回転する。
 あんな至近距離で弾頭が爆発したら絶対に助からない、大変なことになったと焦るのだが何をすることもできない。ようやく姿勢を回復したかに見えて安堵した直後、突然方向を変えて機体後部に突っ込んできた。
 閃光が走る。
 急減圧来るぞ! と身構えた勢いで目が醒めたので、辛くも墜落死は免れた。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • SNSの廃墟
    廃棄物
  • 1980年1月1日 6206レ 急行十和田6号
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM