HOME

『朱唇』 井上祐美子

井上祐美子_朱唇_s.jpg

廓の一室で、遊女が客に尋ねる。

「お家は、なにをなさってますの」

 

これが杉浦日向子の『二つ枕』なら、

客 「わっちは日本橋で」

遊女「にほん橋で」

客 「寒中に心太(ところてん)売りとはすごかろう。」

遊女「許しイせん!」と枕を振りかぶる。

客 「コレサ後生だ。云おう云おう。せともの問屋サ」

となるのだが(「雪野」)、ここは北宋の開封、

客 「代々、東京(とうけい)で天子をしておる」

皇帝なのである。(「歩歩金蓮」)

 

遊郭を舞台にした短編集、というと杉浦日向子を思い出さないわけにはいかないのだけれども、こちらは中国の話なので王朝の崩壊あり異民族の侵入ありと、いささか騒然とした背景の作品が混じる。各編で語られる遊女たちの物語も、けっしてハッピーエンドばかりではない。

それでも話が陰惨にならないのは、つまるところ彼女たちが自分の意思を貫く女性ばかりだからなのだろうか。

 

今回はじめてこの作家の作品を読んだのだが、近代以前の中国が舞台とはいえこれほどカタカナを排した日本語が可能なのだということにも驚かされた。

 

『朱唇』amazon.co.jp

JUGEMテーマ:読書

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • SNSの廃墟
    廃棄物
  • 1980年1月1日 6206レ 急行十和田6号
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM