HOME

『Enter the Void』 Gaspar Noe

Enter the Void

日本に流れ着いて歌舞伎町の底に沈殿する兄妹の物語。現実の世界ではあまり関わり合いになりたくない「不良外国人」ばかりが登場する映画だが、色彩の美しさは圧倒的だ。特に魂だけの存在になった主人公が低空を飛翔しながら見下ろす東京の夜景は、色とりどりの蛍光生物が棲息する熱帯の森のようだ。

とはいえ、激しく明滅するシーンが多いし、カメラはぐわんぐわん揺れ動くし、体調の悪いときに観るのはお薦めしない。

外国人ばかりがたむろする怪しいバーだの、ドラッグが取引されるクラブだの、『ニューロマンサー』のチバ・シティってこんな感じなんだろうか。普通の東京人が知らないTOKYOはどこまでが現実でどこからが監督の想像力の産物なのか、普通の東京人である私には知るすべがない。でもこの監督、同い年なんだよなぁ……。

『エンター・ザ・ボイド』公式サイト

JUGEMテーマ:映画

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • SNSの廃墟
    廃棄物
  • 1980年1月1日 6206レ 急行十和田6号
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM