HOME

こんな夢を見た

 
 終点のひとつ前の駅を発車すると突然視界が開け、電車は海上に架かる橋の上に飛び出した。
 穏やかな明るい色の水面を見おろすカーブした線路を意外なスピードで走るのでちょっと恐怖を感じたが、あっという間に終着駅が見えてきた。
 ホームの端で線路は唐突に途切れ、その先には丸い水平線が見えている。オーバーランしたらそのまま海に転落だから、車止めなど意味がないのだろう。
 電車とホームの間は広く隙間があいていて、遥か下に青い水面がゆらめいている。足を踏み外さないよう慎重に電車から降りる。
 改札口を出ると、駅の外の坂道には真昼の日差しの下に賑やかな屋台が並んでいて、そこはもう猫の島だ。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • SNSの廃墟
    廃棄物
  • 1980年1月1日 6206レ 急行十和田6号
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM