HOME

鴻池朋子「シラ―谷の者 野の者」の謎

上野の森美術館で開催中の「第5回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展」に行ってきた。
目的の作品はただひとつ、鴻池朋子「シラ―谷の者 野の者」だったのだが、実物を見てひとつの謎が残った。

図録や、展覧会のサイトに掲載された写真では、右の4領だけ手掛けの位置が低くて、何かの都合があったのだろうかと不思議に思っていたのだが、
展示されている実物では手掛けの位置が揃っている。

見比べて明らかなように、手掛けの位置だけを修正したのではなく、絵全体を持ち上げていて、狼たちの足元に空白が生まれている。

いったん襖として完成した後にこのような修正を行えば、下の空白の部分は継ぎ足さなければならないはずだが、近くで見ても継ぎ目はない。

全く同じ絵を新たに描き直したのか、巧妙な手段で継ぎ足したのか、あるいは、図録の写真は襖にする前に撮影されていてトリミングを間違えたのか。

……謎である。


JUGEMテーマ:展覧会
 

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • SNSの廃墟
    廃棄物
  • 1980年1月1日 6206レ 急行十和田6号
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM