HOME

『Wide Is The Danube』 Irén Lovász and Teagrass

Iren Lovasz and Teagrass - Wide Is The Danube

BSフジの「欧州鉄道の旅」ハンガリー編にBGMとして使われていたのが1曲目の「Nem Egyszer」。どうしても欲しくなったのだがCDは手に入らず、初めてダウンロードサイトを利用することになった。

 

Irén Lovász and Teagrass - Wide Is The Danube

JUGEMテーマ:音楽

『Bossa Blue』 Florence K

Florence K - Bossa Blue

eMusicの検索にスタンダードの曲名を入力すると思いがけない発見があって楽しい。意外な人が意外なアレンジで演奏しているのを知ることもある。もっとも検索結果のほとんどは趣味に合わないのだけれど。

Florence Kを知ったのもそんなふうに遊んでいたときで、「Blue Bossa」(笑うな!)を検索した中にあったのがアルバム『Bossa Blue』だった。

彼女についてネット上に日本語の情報は皆無に近いが、カナダでは有名な人らしい。フランス語圏の出身のようで、アルバムに収められた曲も仏西英語が混在している。なぜかイタリア語まで1曲ある。

ちなみにアルバムジャケットの写真は細面だけれど、ミュージックビデオで見る彼女はどちらかというとぽっちゃりしている。動画のアスペクト比が間違っているのではないと思う。たぶん。

JUGEMテーマ:音楽

九条物語/いまなりあきよし

長いこと、もう一度聴きたいと思っていたが、歌手も曲名もわからない。
唯一記憶に残っていた「人間は地面にへばりつき」という歌詞の断片を手掛りに、いまなりあきよしという人の「九条物語」という曲だと知ったのは数年前になるが、音源も中古レコードの情報も手に入らなかった。もっとも、アナログレコードを入手したところで再生する手段がないのだが。

今日、思い出して検索したらヒットするページが増えていて、YouTubeに音源まで上がっていた。
1975年5月の発売だそうだから、36年前の歌である。記憶では、その年の3月まで住んでいた東京の家の情景と重なっているのだが、5月発売だとすればあり得ないことになる。記憶が間違っているのか、発売前にラジオで流れたことがあったのか。


で、36年ぶりに聴いた感想はと言うと……まあ、いつまでも探し続ける必要がなくなって良かった。

JUGEMテーマ:音楽

Ishtar

Ishtarはイスラエルの女性歌手。1967年11月10日生まれ。アラビア語、ヘブライ語、ブルガリア語、フランス語、英語で歌う。フランスのバンド「Alabina」のボーカル。

今お気に入りの曲「Salma ys Salama」は古いエジプトのポピュラーソングだそうだが、男声によるスペイン語のパートと彼女のアラビア語パートの切り替わりは違和感を感じさせない。



もともとスペインの音楽はアラブ文化の影響を残しているので、親和性が高いのも当然なのだろう。

JUGEMテーマ:音楽

Eylem - Hayat Devam Eder

Eylem Kızılはトルコの歌手。1984年ロンドン生まれ。現地ではけっこう有名らしいのだが、日本語の情報は皆無に近い。
例によってemusicで見つけて、今は通勤の途上で毎日聴いている。ハマりつつある感じ。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • SNSの廃墟
    廃棄物
  • 1980年1月1日 6206レ 急行十和田6号
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM