HOME

こんな夢を見た

レストランで食事をしていたら周囲が騒がしくなった。
外に飛び出して振り向くと、さっきまでツインタワーがあった場所には巨大なキノコ雲が二本立ち昇っている。
呆然と見上げているうち、日本にいたときには感じなかった怒りが腹の底から込み上げてきて、気が付けば涙で頬を濡らしながら「奴らを皆殺しにしろ!」と絶叫していた。

こんな夢を見た

歌舞伎町の横の方に新しく「ソ連レストラン」というのができて、ロシアの懐古趣味がとうとう輸入されたかと思いながらその前を通ると、ファストフード風の店内は一面ステンレスの壁に赤いアールデコ文字が踊っているのだが、なぜかみんなハングルだ。
 そのあとベビースターラーメンを喉に詰まらせて目を覚ますと、タイマーで始動したエアコンのせいで口の中がからからに渇いていた。

こんな夢を見た

不慣れな街にいて、駅へ近道をしようと人気のないアーケード商店街へ足を踏み入れた。
 ほとんどの店は閉まっていて、唯一開いているゲームセンターでは店の外に置かれたゲーム機に少年少女たちが群がっている。ビキニ姿の女の子もいるのは風俗店の従業員だろうかなどと考えながら歩いて行くと、向こうからビキニの上下を着た男の子たちがやってきた。

 どうも様子が変だと思った途端、ニヤけたオヤジが現れて当然のような顔で尻を触ってきた。ごめんなさいごめんなさい、そういう場所とは知りませんでした、間違って入ったんですと謝りながら全力で走って逃げた。

 非常に疲れた。

 後で考えれば、あの水着少女たちも実は男の子だったに違いない。

こんな夢を見た

知り合いの若い女性と話をしていたら、最近煙草を食べると美味しいと言い出したのでびっくりして、絶対に身体に悪いし死ぬかもしれないと注意したら、今のところ体調に問題はないし、だいいち美味しいんですからいいじゃないですかと機嫌が悪くなってしまったので、とても落ち込んだ気分になった。


こんな夢を見た


 宴会が終わって玄関へ行くと、若い同僚が僕の鳩を出して渡してくれた。
 逃がさないように注意しながら外へ出て、胴体を両手で包み込むようにしてしっかり持つと、小さな翼を力強く羽ばたかせてたちまち僕を空の高みに連れて行ってくれる。
 街路をはるかに見下ろしたり、急降下して電車の線路を地面すれすれに飛んだり、楽しかったのに目が覚めてしまった。

 考えてみればちょっと手が滑っただけで墜落だから、ずいぶん危険な交通手段なのだが、飛んでいるときはちっとも恐怖を感じなかった。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • SNSの廃墟
    廃棄物
  • 1980年1月1日 6206レ 急行十和田6号
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    翠月庵
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    廃棄物
  • 桃園川 高円寺北四丁目支流(仮)
    nama

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM